インテリアになる額縁

好みの色に塗ってみよう

ガーリーな色に塗り替える

アンティークな雰囲気に意外と合うのは、ピンクや赤などのガーリーな色合いです。
オシャレにさせつつ、可愛らしい雰囲気にしたい人にピッタリの色でしょう。
しかし、パステルカラーの額縁を100均で見つけるのは難しいと思います。
様々な100均を巡っても好みの色がなかった場合は、自分で塗ってください。

ペンキがあれば、すぐに額縁の色を塗り替えることができます。
最初から色を塗ることを目的にしているなら、凹凸がないデザインを選択してください。
凹凸や装飾があると、塗りにくくなってしまいます。
また、ムラができないように少しずつ塗ることがポイントです。
せっかく好みの色に塗っても、ムラができて見栄えが悪くなったら意味がありません。

棚の扉に使ってみよう

実は額縁は、棚の扉に使うことができます。
棚の色に合わせて額縁の色を塗り替えて、棚に取り付けてください。
初心者でもできるDIYですし、額縁を利用することでオシャレなカフェのような雰囲気になります。
色を塗り替える時は、アンティーク調の水色やベージュが良いですね。

それらの色なら棚だけでなく、キッチン全体の小物や食器とも相性が良く、見栄えが良くなります。
大きな棚の扉を変えることに自信がない人は、まず調味料専用の棚など、小さい棚からDIYをするのが良い方法です。
練習してから、大きい棚に挑戦しましょう。
棚のサイズに合う額縁を用意して、さっそくDIYを行ってください。
最近はペンキや、塗る時に使う刷毛も100均で購入できます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る